2020年9月24日

外資系企業で働く

外資系企業で働く

外資系企業と聞くと、どんなイメージがありますか?
外国の方がたくさん働いてそう…
会議では英語が飛び交っていそう…
働く日本人はエリート?高学歴?等ではないでしょうか。

「外資系企業」の定義とは、「外国人や外国法人が一定以上の出資をする日本企業」のことを指します。
”一定以上”といって正確な数字での割決めがないため、一概に定められてはいません。

しかし2019年の経済産業省 外資系企業動向調査においては、以下の条件を満たす企業を外資系企業としています。

1.外国投資家が株式又は持分の3分の1超を所有している企業であって、外国側筆頭出 資者の出資比率が10%以上である企業
2.外国投資家が株式又は持分の3分の1超を所有している国内法人が出資する企業であって、外国投資家の直接出資比率及び間接出資比率の合計が3分の1超となり、かつ外 国側筆頭出資者の出資比率が10%以上である企業

 

外資系企業で働くとは、何が違うのか。


・高収入を得られるお金,収入 誰もが高収入を得られるというより、成果に応じた報酬を得られる成果報酬型といった方が 正しいのかもしれません。
結果が出れば、高収入を得られるということですね。
逆に結果が出なければ収入が減ってしまうことにもなりかねません。
毎月毎年、安定した収入を求めていたり、坦々と仕事をし、ルーティン化を望む方より
挑戦的で何事にも意欲を持ち、失敗を恐れず突き進むような方が向いているのではないでしょうか。

・休暇制度

全ての情報の閲覧には会員登録が必要です。

転職に関するお問い合わせ

法人様お問い合わせ