2020年10月27日

あなたのSNSも面接官に見られています…!

あなたのSNSも面接官に見られています…!

FacebookやTwitter、InstagramをはじめとしたSNSは、年齢問わず多くの方々が利用しています。
しかしこのSNSの投稿、企業の面接官にチェックされているかもしれません。
実は最近、応募者のSNSをチェックする企業が増えているのです。
本人からすれば悪気のない発言でも企業側から見ると「この人の考え方は自社に合わない」と感じられたり、「こういう写真を投稿する人は相応しくない」と判断されたりといったことも起こり得るのです。
そこで、転職活動中のSNS利用について注意すべきポイントをご紹介しましょう。

 

■SNSとは?普及率は?

SNSは、ソーシャルネットワーキングサービス(Social Networking Service)の略で、登録された利用者同士が交流できるWebサイトの会員制サービスのことです。
友人同士や、同じ趣味を持つ人同士が集まったり、近隣地域の住民が集まったりと、ある程度閉ざされた世界にすることで、密接な利用者間のコミュニケーションを可能にしています。
最近では、会社や組織の広報としての利用も増えてきました。

2018年日本のSNS利用者は7,523万人(普及率75%)、2020年末に7,937万人へ拡大すると予想されています。
それほど、日常の中にSNSが浸透してきているのです。
皆さんも少なくとも一つはSNS利用経験があるのではないでしょうか?

(参考:ICT総研|2018年度 SNS利用動向に関する調査 https://ictr.co.jp/report/20181218.html)

 

■転職活動への影響

SNSを上手く使えば、自分とは全く縁がない人でも自分の情報を見ることができる時代です。
そのため約5~6割の採用担当者が応募者名をネット検索すると言われています。
実際に、私の知っている複数名の採用担当者が、面接を受けた応募者の情報をインターネットで検索して情報を仕入れると言っていました。

転職に関するお問い合わせ

法人様お問い合わせ