2020年11月12日

逆質問は『人』によって変えるべし!

逆質問は『人』によって変えるべし!

逆質問とは、面接終盤で面接官から聞かれる「何か質問はありますか?」という問いのことです。
面接を受けたことがある人は「逆質問」に頭を悩ませた経験があるのではないでしょうか?
求職者からも、下記のような相談をよく頂きます。

「何を聞けば良いのかわからない…」
「給料や休みについては聞いて良いの?」
「この質問は失礼にあたらない?」

かくいう私も、質問しようと思っていたことを事前に説明されてしまって頭が真っ白になった経験があります…。
面接途中だったにも関わらず、何を質問しよう?!と焦って考えてしまった為、その他の受けた質問や説明が上の空になってしまい、全体的にボロボロでした…。
あなたにはそんな経験をしてほしくないので、今回は特に意識してほしいポイントをご紹介します!

 

■逆質問の意図

そもそも面接官がなぜ逆質問をするのか考えたことはありますか?

面接官としては、応募者の『志望度』や『コミュニケーション能力』をはかったり、『会社に対する単純な疑問や不安』を聞くことで応募者が何に興味を持っているのか確認し、社風との相性をはかっていることが多いです。
また、せっかく採用したのに「こんなはずじゃなかった」と辞められては困るので、入社後のギャップを少なくしたいという意図もあります。

 

■事前準備のポイント

さて、ざっくりと質問を用意しろと言われても、何を聞けばいいのかイメージできない…という方もいるでしょうし、
一度にたくさんのポイントを挙げられても覚えきれない…という方もいるでしょう。
そのため、今回は特に大事なポイントを2つに絞ってお伝えします。

転職に関するお問い合わせ

法人様お問い合わせ