2020年11月3日

学歴社会は終わった?

学歴社会は終わった?

「学歴社会」 という言葉、一度は耳にしたことがあるでしょう。

学歴社会とは、ポテンシャルや個性、性格ではなく、学歴だけでその人の良し悪しを判断することです。

新卒採用では、求職者の人柄や個性等は一切無視して、まず学歴だけを見てふるい落とす企業もあります。
学歴フィルター とも言われ、指定の大学を卒業した人しか採用されなかったり
一定以上の大学を卒業していないと面接に進めないという企業もあるようです。

現代では、そのような厳しいフィルターは薄れつつあるようですが、
そのような風潮が根強く残ってる企業もあるようですね。

■中途採用で学歴は重視されるのか?

重視されるかという点では、答えはNOです。
なぜなら、中途採用では学歴よりも、スキルや実績を重視することが多いから です。

中途採用では即戦力を求めている企業がほとんどです。
高学歴であっても、実績やスキルで他の求職者よりも劣っていた場合、採用の可能性は低くなります。

30代以降になると、学歴を聞かれることはほとんどないと考えられます。
社会人経験も10年近くなることから、学力ではなくこれまでの実績やスキルを転職先ではどのように生かせるのかを重要視しています。

第二新卒の方など、社会人経験も浅く前職での実績も少ない場合は学生時代までさかのぼって、どんな人物なのかをさぐることもあるでしょう。

■「学力がある人」は「仕事ができる人」なのか?

確かに客観的にみて、高学歴の大半の人は良い会社に入社しているだろうというイメージがありますよね。

仕事をする上で最低限の能力は当たり前に必要です。
さらに他の様々な知識や技術を身に着けていると周りの就活中の人よりも有利になることもあります。

しかし、高学歴の人全員が仕事ができる人なのかというとそうではないようです。

冒頭でお話しした「学歴フィルター 」がなぜ生まれたのかというと学歴はその人の努力を測る一番簡単な指標になるからです。
他にも、資格取得やスポーツなどその人を評価できる材料はたくさんあります。
そこで努力や成果を出している人は、会社に入ってからも、努力し、成果をだしてくれるかもしれないと期待できます。
会社に貢献してくれるか、成長してくれるかを測っているのです。

努力や、強みの活かし方次第であなたの活躍できる場所を見つけましょう

■応募条件に満たなくても応募できる?

「大卒以上」など学歴にかかわらず、〇〇経験1年以上など応募のハードルが上がる条件をよくみませんか?

大卒じゃないから応募すらできない、経験は1年未満なので応募できないと諦める必要はありません!

条件を全てクリアしていなくても、十分に生かせるスキルを持っていれば挑戦することは可能です。
応募に迷っていたり、受かる可能性はあるのか等、不安なこともあると思います。
IDEAL REWARDでは、キャリアアドバイザーがサポートし転職に導くことができます。
是非ご相談ください!

 

■学歴よりもたいせつなこと

学歴や、職歴は不問とし、人物重視を謳っている企業が増えています。
履歴書と職務経歴書不要で応募者全員と面接をするような企業もあるようですね。

では努力なんてしなくて良いのか…

全ての情報の閲覧には会員登録が必要です。

転職に関するお問い合わせ

法人様お問い合わせ