2020年7月7日

一般職(事務職)の今後のビジョン

一般職(事務職)の今後のビジョン

売り手市場が続いている2020年ですが、「一般職(事務職)」は男女問わず高い競争率が続いています。
その理由に、本格的に進む働き方改革や女性活用推進に伴い就業環境改善が進み性別関係なく活躍できる機会が増えていることが考えられます。

 

【一般職の需要傾向】

一般職の需要は減少しています

 

大手転職サイトの2019年の調査によれば、全体の求人倍率は≪2.81倍≫で売り手市場が続いていますが、事務・アシスタント職に限っては、求人倍率は0.32倍≫いう結果に。

転職に関するお問い合わせ

法人様お問い合わせ