2020年10月22日

口頭だけの内定通知は危険です

口頭だけの内定通知は危険です

「口頭で内定と言われたので、その他の選考を辞退したい」と、求職者の方から言われることがあります。
面接内で内定と言われたら嬉しいですよね。
第一志望であればすぐにでも返事をしてしまいたいという気持ちはよくわかります。
…ですが、転職活動の成功は、「内定獲得」ではなく満足な条件での仕事と入社後の活躍のはずです。
大切なことを確認していない段階で、内定承諾や他社選考を辞退するのはリスクが高いので、一度落ち着いて考えるようにしましょう。

では、具体的にどんなリスクがあるのか?その対処法を含めてお伝えします。

 

■内定取り消しの可能性あり⁈

前提として、企業側からの「内定」は口頭通知でもその効力を発揮します。
そのため、下記のような『内定取り消しが可能な条件』に当てはまらない場合、一方的な内定取り消しは認められません。

~内定取り消しが可能な条件~
1.内定者が経歴詐称をしていた場合
2.内定者が犯罪を犯した場合
3.企業側に予測できないような経営悪化が起きた場合
4.病気や事故などで内定者が勤務ができない状態になった場合

ただし万一企業側から「内定と伝えた覚えはない」と言われた場合、口頭のみだと証拠となる物証を提出できない可能性があります。
「他社選考を全て辞退した後で内定取り消しになり、これまでの転職活動が白紙になってしまった…」
そんな最悪の事態を避けるために、発言を裏付けるような証拠となる状況証拠として、”内定通知書”を発行してもらうことがベストです。
尚、”内定通知書”を発行していない企業の場合は、メールで「面接内で内定と言われた」ことを企業側へ伝え、その事実を認める文面を返信してもらう等が有効です。

転職に関するお問い合わせ

法人様お問い合わせ