2020年11月26日

転職はマニュアル通りにいかない

転職はマニュアル通りにいかない

これを読めば完璧…、〇〇の転職術!…等、様々な転職のノウハウ本はあふれるようにあります。
参考にそのような本を読むことは良いことで、知識や、業として身に着くことがたくさんあるでしょう。
しかし、それらに頼りすぎて、マニュアル人間になっていませんか?
現代では本に限らず、インターネットでもたくさん知識を得ることができますよね。

初めての転職で不安な人、しっかりと予習をする人など、まじめで優秀な人ほど上手くやろうと、完璧なマニュアルを作成したりします。
本やインターネットに書かれる内容を自分に当てはめ、志望動機に書いたり面接でスラスラと話しても、残念なことに採用担当者は、また定型文か…と、話半分で聞いてしまうでしょう。

確かに、本やインターネットには、完璧ともいえる回答が書かれています。
あなたと同じようなシチュエーションの例文もあるかもしれません。
しかし、その模範回答は誰にでも当てはまるような抽象的な表現で、自分の言葉、本当の自分ではありませんよね。
採用担当者が知りたいのは、覚えた回答を間違わずに言えるかどうかではなく、
あなたがどんな人間なのかです。

あなたの回答に統一性はありますか?
深堀りされたとき、具体的な根拠や強い意志を伝えられますか?
追及されたとき慌ててしまっては、良い印象は与えられません。

今回お伝えしたいのは、
マニュアルは作らない→ 無為無策で望めば良い
というわけではなく一言一句完璧な台本は作るべきではないということです。

以下の点に重点を置いて転職に挑みましょう。

 

アピールポイントとエピソードを箇条書きに

緊張すると、頭が真っ白になり話せなくなったり、しどろもどろになってしまうという方もいるでしょう。だから完璧なマニュアルを作るのではなく、
伝えたいことの要点をしっかり押さえておくことが大切です。
その伝え方も方法次第で良い方にも悪い方にも転ぶのです。

 

表現力を高める

表現とは、色、音、言語、所作などの形によって表しだすことです。
書類では選んだ言葉や文章、面接では声や言語、身のこなしで相手にあなたの印象が伝わります。
先ほど、伝えたいことの要点を押さえることが大切とお伝えしました。
要点はしっかり押さえたものの、その伝え方で、受け取る側の印象も変わってきます。
表情」、「語彙力」次第で印象を操作できます。
そのために、本を参考にすることもできますし、日頃から意識することで語彙力を増やしていくこともできますね。

全ての情報の閲覧には会員登録が必要です。

転職に関するお問い合わせ

法人様お問い合わせ