2020年12月17日

旅行しながら働く?! 今話題のワーケーションとは

旅行しながら働く?! 今話題のワーケーションとは

ワーケーションという言葉を聞いたことがあるでしょうか?
ワーク(仕事)バケーション(休暇)を組み合わせた造語のことで、「休暇を過ごしながら働く」という新しい労働形態を指します。

「遊びながら働ける」と聞くと魅力的に感じる方も多いと思いますが、そのメリット・デメリットから、導入へは賛否両論分かれています。

あなたはワーケーションしたいか否か、本記事を読みながら具体的にイメージしてみてください。

 

■ワーケーションとは

先述の通り、旅行先や帰省先で休暇を取りながら働くことをワーケーションと言います。
「ワーケーション」という言葉そのものは、2000年頃にアメリカで生まれたとされ、近年働き方が多様化してきた影響で世界中に広がっています。
日本企業においても有給休暇の取得率の低さもあり、働き方改革の一貫としてワーケーションを取り入れる企業が増えています。

 

■リモートワークとの違い

昨今のコロナ禍によりリモートワークが促進され、新たな働き方として多くの人に認知され、多くの企業が導入を進めました。
「オフィスから離れたところで仕事をし、出社の負担を減らす」という点では同じですが、ワーケーションは「まず旅行ありき」という点が大きく異なります。

 

■ワーケーションのメリット

・長期休暇を取得しやすくなる
ワーケーションを導入することで、仕事は中断せずに回しながら、有給取得率も高めることが可能です。
旅行先で長期休暇を楽しみつつ、必要な問い合わせにのみに対応する等、負担にならない程度に仕事ができます。
このように何らかの形で仕事に関わることで、長期間職場からいなくなる罪悪感が軽減され、長期休暇を取得する心理的な障壁が軽減されます。

・労働者のモチベーション向上
JTBは、2017年にいち早くワーケーションを導入、2020年には NTTデータ経営研究所・JALの3社合同で効果検証実験を行い、「生産性・心身の健康にポジティブな効果がある」と発表したことで注目を集めました。
発表によると、ワーケーションを経験することで、仕事とプライベートの切り分けが促進され、情動的な組織への所属意識が向上するという結果が得られたといいます。
さらに、ワーケーション期間中の仕事のパフォーマンスは20%向上したという結果も出ています。
ワーケーション期間中、家族と楽しい時間を過ごしたり、温泉などで心身をリフレッシュしながら仕事をすることで、仕事におけるモチベーションの向上に繋がるのでしょう。

・環境の変化による新たな発想への期待
ワーケーションでは普段のオフィスや自宅とは違う場所で仕事ができるため、「非日常的」な空間の効果により新しい発想が生まれやすいと考えられています。
見える景色から新たなヒントを得たり、同じ職場や業種ではない人と触れることで刺激をもらえたりと、創造的な仕事がしやすい環境と言えるでしょう。

 

■ワーケーションのデメリット

転職に関するお問い合わせ

法人様お問い合わせ