2020年12月22日

転職回数が多いと不利になる?

転職回数が多いと不利になる?

転職回数が多ければ、転職する際に不利になるのでは?と思う方多いと思います。

履歴書や経歴書に記載すると、明確にわかりますよね。
転職回数が多いほど信頼度の低下だったり、すぐやめてしまうのではと採用率が下がると思われがちです。

終身雇用制度が一般的な日本でも、最近では人生で転職する回数が何度かあるというのは当たり前と変わってきてはいますが
一年未満の転職を繰り返していたりすると、継続力や忍耐力といった”続ける能力”に疑問を抱かれてしまう可能性があります。

今回は今後転職を繰り返すことなく、良い転職ができるためにIDEAL REWARDから
いくつかのポイントをお伝えいたします!

転職を繰り返したくない…
転職活動が好きな人は、なかなかいないと思います。
スキルアップ、キャリアアップのため等、ポジティブな理由から転職を決心する方もいますが、
今の会社から逃れたいという思いから転職を視野に入れる人もいるはずです。
辞め癖がついてしまっては負のループにはまってしまい、抜け出せなくなってしまいます。

 

ネガティブな理由での転職を繰り返さないためにすべきことは…

人間関係がうまくいかなかった、社風に合わなかった、入社前と後のギャップがあった等ネガティブな理由は、次の転職にどんどん不利になっていきます。
会社としては腰を据えて長く働いてほしいと思うものです。

是非、次の転職では一緒考えてほしいことがあります!

       転職理由を明確にする

転職理由が曖昧になればなるほど、信頼度を失ってしまいます。
「辞めたいから辞める」ではなく、自身のキャリアアップを考えましょう。
何に対しても理由を明確にすることは大切ですが、転職回数の多い方は、面接のときに突っ込まれやすいので注意が必要です。

      嘘をつくのは絶対にだめ

転職回数に限らず、経歴や学歴を偽ったり、嘘をいうのはやめましょう。
虚偽の記載、申告は民法上の不定行為とみなされ、採用取り消しや解雇の可能性もあります。
言いにくい理由も、言い方や、あなたの誠意で捉え方や印象も変えることができます。
バレないだろうという甘い気持ちでやってしまうと、取り返しのつかないことになるかもしれません。

   転職回数が多い人は経験も多い

転職回数分、様々な会社を経験しているということですよね。経験は強みになります。ポジティブに捉えましょう。
外資系や、職種業種によっては経験値を高く評価してくれる企業もあります。
その経験を、目指す企業でどう生かせるかをアピールすることが大切です。

        自己分析能力を磨く

できること、できないこと、そしてやりたいこと、やりたくないことをはっきりさせましょう。
市場価値を十分に理解することで自分に合った仕事を効率的に見つけやすくなるはずです。

全ての情報の閲覧には会員登録が必要です。

転職に関するお問い合わせ

法人様お問い合わせ