2021年1月21日

人気の事務職への転職は難しい⁈

人気の事務職への転職は難しい⁈

昨今では、新型コロナの影響もありキャリアチェンジを希望する方が増えています。
様々な職がある中でも事務職は人気があり、
「デスクワークだから体力的にきつくなさそう」
「手に職がつきそう」
「今までノルマがありきつかったので、余裕をもって仕事をしたい」
上記のような理由から事務職へ転職をしたいと考える方は多いようです。

 

≪事務職求人の実態≫

まず事務職の求人数ですが、厚生労働省が発表している職種別一般職業紹介状況をみて分かるように、事務職の有効求人倍率は他職種と比べ非常に低いため、事務職を希望している人数に対して求人数が少ないことが分かります。
景気が悪くなると企業側も人件費を削減するために、派遣社員やパートを雇う会社が増えることや、少ない人数でも仕事が回るよう業務のシステム化が進められていることも、事務職採用の減少に拍車をかけている要因として考えられます。

参考:厚生労働省
(一般職業紹介状況(令和2年5月分)について・職種別一般職業紹介状況)
(https://www.mhlw.go.jp/content/11602000/G38-202008.pdf)

 

≪事務職へのキャリアチェンジをするためには≫

冒頭で記述したとおり、新型コロナの影響で販売職や接客業をしていた方が、キャリアチェンジの転職で事務職を希望する方が増えています。
事務職は経験者でも転職が難しくなっている状況にあり、未経験の方の応募も厳しくなっているのが現状です。
ですが、強い意思でキャリアチェンジを決めているということであれば下記のようなことに注力して転職活動をしてみましょう。

転職に関するお問い合わせ

法人様お問い合わせ