2021年2月18日

ワークライフマネジメントで理想の働き方を実現!

ワークライフマネジメントで理想の働き方を実現!

環境の変化に伴い、働き方を会社任せにするのではなく、自分で働き方を決めようとする動きが広まり、「ワークライフマネジメント」を掲げる企業が増え、注目されています。

あなたの理想的な働き方や生活はどんなものですか?
今回は理想の働き方に近づくことができる「ワークライフマネジメント」をご紹介します。

◆ワークライフマネジメント

ワークライフマネジメントとは、働く人一人一人が、ライフステージに応じて自分のワーク(仕事)とライフ(生活)が両方充実するよう、自分自身で積極的にマネジメントしていくことを指します。
単に「仕事」と「生活」のバランスをとるのではなく、自律的にコントロールすることではじめて「仕事」も「生活」も充実できるという考え方です。
では、ワークライフマネジメントを実践するためにはどうしたらいいでしょうか。

1⃣自分でマネジメントする
今までは会社が働き方を決めてくれたり、周囲の意見を踏まえて自分の働き方を決めたりといった、他者に依存した面が多くありました。
ワークライフマネジメントでは、自分がどんな生活を望んでいるのかを明確にし、望みを叶えるためにも自分で働き方を管理します。

2⃣仕事と生活の充実を図る
日本はプライベートよりも仕事優先という考え方が根強く、仕事があるのであれば残業や休日出勤はやむを得ない等といった風潮があります。
ワークライフマネジメントでは、仕事も生活も両方諦めることなく、積極的に充実させていくという個人の幸福に重きを置いた面が強くなり、業務の改善や職場環境の改善に取り組み仕事と生活の充実を図ります。

3⃣ワークライフバランスと差別化
まずワークライフバランスとは、「国民一人ひとりがやりがいや充実感を感じながら働き、仕事上の責任を果たすとともに、家庭や地域生活などにおいても、子育て期、中高年期といった人生の各段階に応じて多様な生き方が選択・実現できる社会」 と定義されています。
簡単にいうと、仕事もプライベートもどちらも充実させる働き方・生き方のことを意味します。

パッと見ても、「ワークライフマネジメント」と「ワークライフバランス」の違いは難しいかもしれません。
ワークライフバランスは、
「仕事が忙しいから趣味の時間は削る」「子育ての為に働く時間を減らす」といった受け身なイメージに対し、
ワークライフマネジメントは、

転職に関するお問い合わせ

法人様お問い合わせ