2021年5月13日

転職に失敗したときの対処法

転職に失敗したときの対処法

転職活動が終わりやっと入社したにも関わらず、「思っていた以上に残業が多かった」「社風が合わない…」という後悔をした方もいるかもしれません。
「こんなはずじゃなかった」と、また転職を考えてしまうかもしれませんが、転職後すぐに活動を始めるのは時期尚早です。

では、もし転職を失敗したと思った時にはどうしたらよいのでしょうか?
解決策も含めご紹介していきましょう。

 

本当に転職に失敗したのかを見直し
転職をして、新しい環境に身を置けば、多かれ少なかれギャップは感じるものです。
例えば、残業が多くプライベートの時間をつくることができない。入社前に自分が思っていたような企業ではなかったと思うこともあるかもしれません。
ただ、もしかするとたまたまスポット的に忙しくなっているだけで、他の時期はほとんど残業がない可能性もあります。
目の前のことでストレスを抱えて転職を考えるているのであれば、先輩や同僚と状況共有してみると、ストレス改善の道が見えてくることもあります。

 

自分が転職をした目的を振り返ることが大切
前職では、どういった部分に不満を持ったのか。どういう目的で転職をしたのかを振り返ってみましょう。
もし今は転職した目的を叶えることが難しくても、将来的に実現できそうな場合はすぐに転職を決めるのではなく、もう少し様子を見てみましょう。
再び転職活動をするということになれば、また同じだけ時間と労力を費やす必要があります。
まずは冷静になり、本当に再度転職したほうがよいのか検討することが必要です。

上記のことを踏まえても、転職の目的が実現できないという場合は、再度転職を検討してもいいかもしれません。

ただ、転職歴が多いと「また辞めてしまうのでは?」と企業に心配されてしまいます。
もう一度転職活動をする場合には、この不安を払拭できるだけの理由が必要です。

同じ失敗を繰り返さないためにも、再度転職活動をするときには下記のポイントを押さえておく必要があります。

全ての情報の閲覧には会員登録が必要です。

転職に関するお問い合わせ

法人様お問い合わせ