2021年8月5日

話下手が話し方のスキルを習得する方法とは

話下手が話し方のスキルを習得する方法とは

自分の話し方が下手で上手く伝えられない、コミュニケーション能力がないのは仕方ないと諦めていませんか?

あなたの周りにいる話しが上手い人は「才能」を持っているからだと思っているかもしれませんが、 話す力は才能ではありません

泳ぎを上手くなるため、字をきれいに書くためには練習をしますよね?
それと同じように、話し方やコミュニケーションを上達させることはできるんです。

 

2009年に就任したオバマ大統領は、演説の名手と言われ多くの心を掴みました。
それに比べ、日本のトップは棒立ちで棒読みの話し方をする人が多く、話し方が下手だと言われています。

日本の政治家はパブリックとのコミュニケーションが足りず、発信力・伝える力の弱さが話を下手だと言われる原因になっています。

トップに立つリーダーに必要なのは、話す力より実行力・決断力だと勘違いしている人が多いのです。

もちろん実行力・決断力も必要ですが、それ以上に政策に対する覚悟や思いを伝える力がなければ人は動きません。
価値観や情報伝達が多様化する今だからこそ、戦略的な伝える力・発信力は必要不可欠なのです。

また、オバマ大統領は話すときの「間」を効果的に使っていました。
「間」とは、 聞いたことを消化する大切な時間です。
スピーチをする時、緊張してスピードが速くなる、間を取らずに先に進んでしまいがちですが、
間をいれることで聞き手に重要なメッセージを腹おちさせてくれる役割があります。

冒頭でもお話しましたが、話す力は才能 ではありません。
学ぶ場と正しい知識さえあれば、誰でも必ず上達 します。

欧米では、子どものころから、話し方・プレゼン術の教育を徹底的に学び、
学校以外の街中にも無数のワークショップやクラスがあり、まるでジムに行くように気軽に「話し方」を鍛えているのです。

あのスティーブ・ジョブスでさえ、30代前半まで、決して上手な話し手ではありませんでした。
では、どのようにして話し方が上手くなったのでしょうか。

1つ目の鍵は、 「地道な努力を積み重ねたこと」 です。
スティーブ・ジョブスは発表会の前には何週間も前に準備を始め、数日かけてリハーサルをしていました。
1日に何時間もの練習をすることによって、自信をもってプレゼンテーションをしているように聴衆には見えるのです。

もう1つの上達の鍵は、 「並々ならない情熱を持つこと」 です。
伝わるコミュニケーションのコツは、言葉を伝えるのではなく、思いを伝えることです。
スティーブ・ジョブスは話す予定の製品や技術について勉強をし、自分自身が売り込むものの最大のファンになることで、
そういった熱い思いや情熱を伝えていました。

この圧倒的な練習量と熱量・努力の結果、人々を魅了するプレゼン・スピーチができるのです。

日本人は話をするときの熱量が低く、淡々と話す人も少なくありません。
抑揚もなく、聞き取りにくい声で話をしても心は動きません。
物や人を動かすのもエネルギーが必要です。
人の前に立ち話すときは、聞き手に届けるといった情熱と覚悟を持つようにしましょう。

 

これはプレゼンだけでなく、面接でも同じことが言えます。
入社したいという熱意を持ち、自身を売り込むことで面接官の心を動かすことができるのです。

「生まれつきの話し方の天才」など、そうそう居ません。
話し方はいつからでも上達させることができ、
話し方というスキルは、これから生きていく上で最大の武器となります。

 

IDEAL REWARDでは、話すことが苦手・面接が嫌いという方にも、
担当のアドバイザーが真摯に向き合い対策をしています。

話し方のスキルを磨き、最大の武器を身につけるお手伝いができる
IDEAL REWARDに是非ご相談ください!

 

 

↓↓【転職相談】はコチラ

LINEで相談

 


 

“本気” でプログラミング学習するなら 【 SLスタジオ 】

「継続するだけで目標を達成できる最高の学習環境、昨日まで何物でもなかったあなたへ」

大切なのは人の目標ではなく、教材と環境。
継続するだけで目標を達成出来る最高の学習環境を提供します。

SLスタジオは、この2つを提供します。

■CTOクラスのエンジニアが監修した実務的教材
■持続可能な学習を行うための学習管理プラットフォーム

つまり、SLスタジオは・・・
「何があってもIT業界で活躍したい!」
「将来に活かせるスキルを身につけたい!」
「とにかく今の自分を変えたい!」

こんな目標を達成するのにコミットする学習システムです。

詳しくは下記バナーをタップ♪


全ての情報の閲覧には会員登録が必要です。

転職に関するお問い合わせ

法人様お問い合わせ