2021年7月29日

転職に年齢制限ってある?

転職に年齢制限ってある?

”転職”に年齢の制限は設けられていません。
しかし、若い方が何かと有利なのでは?と年を取るにつれ慎重になってしまいますよね。

よく耳にするのが「転職35歳限界説」ではないでしょうか。
35歳を過ぎると転職しにくい等と、ネットでも多く取り上げられています。

年齢を気にして転職に足を踏み出せない方もいると思います。

 

◆なぜ35歳は厳しいと思われるのか

採用において、年齢も判断材料とすることもあるでしょう。
例えば、同等の技術やスキルを持つ2人の採用候補者がいたとして、
将来性を考えると”若い人”の方がこの先長く勤め、長く会社に利益をもたらす可能性があるからです。

20代前半においては、社会人経験も浅いことが前提となり、やる気や熱意、
ポテンシャルが大きな採用基準になります。

35歳以上になると、社会人経験10年以上の人が大半で、「即戦力になる人材かどうか」「今までの経験をどう生かしてくれるのか」に注目が集まります。
アピールの仕方も重要になってきますよね。

◆35歳以上の転職を成功させるためには

年齢に勝るアピールポイントを押す

誰でも、年を取ることに逆うことはできません。
年齢を重ね、経験を積んだからこアピールできるポイントを押しましょう。

多くの企業が35歳以上の求職者に求める条件はマネジメント経験です。
新入社員のように0から段階を踏んで教育するというよりも、
ある程度のポジションを任される前提の採用が多くあります。
募集内容を把握したうえで、マネンジメント力や、専門性等、
年齢を重ねているからこそ持っている経験値等、魅力に感じられるポイントをアピールしましょう。

業種、職種で経験のある転職が近道!

35歳以降の転職で求められるのは、何度もお伝えしておりますが”即戦力”です。
前職でのスキルやノウハウで、会社に貢献できるアピールができるでしょう。

さらに、自分の経験に興味を持ってもらいやすい、アピールしやすいというメリットもありますね。
まずはキャリアとスキルの棚卸し、自分の生かせるスキルや経験、
技術を洗い出しましょう。

希望条件の軸をしっかり定める!

年収400万円以上、残業は月20時間以内、土日休み、駅から10分以内等、
挙げればキリがない希望条件ですが、
どうしても、転職先は今よりいいところを…と期待を持ってしまうものです。

全ての情報の閲覧には会員登録が必要です。

転職に関するお問い合わせ

法人様お問い合わせ