2021年5月27日

転職での後悔を防ぐためには

転職での後悔を防ぐためには

転職を考えたときに、後悔するのでは・・・と、少しでもそう頭によぎったことはありませんか?

転職とは、今いる場所から抜け出し、新しい場所に飛び込むチャレンジでもありますよね。
誰でもそのチャレンジを成功させたいと思うでしょう。

初めての転職でわからないことばかり…、前回の転職失敗がトラウマ…等、転職したいのに、なかなか踏み出せないのは「後悔するかも」という気持ちがあるからではないでしょうか。

弊社にいらっしゃる求職者さんの中でよく聞く不安要素を取り上げてみました。
初めての転職の方も、可能性として知っておくことで、今後の転職活動における様々な視点として参考にしてください。

・やりたい仕事じゃなかった
求人情報に記載してある仕事内容を理解し入社したつもりが、実際働いてみるとやりたかったことと違った、企業と認識の相違があるといった場合があります。

 

・会社の社風に合わない
こればっかりは、入社して働いてみないとわからないことのひとつでもあります。
なんとなく雰囲気になじめない、人間関係がうまくいかない、執拗に指導してくる上司がいる等、実際に
働き始めないとわからないことがあります。

 

・条件が違う
雇用形態、福利厚生、休日等など明らかに不正をしている場合は、会社の人事に相談する必要があります。
いざというとき、証拠として提出できるように、契約時の書類等はご自身でも保管しておくべきでしょう。

 

・期待に応えられない
採用されたはいいが、会社の思っているあなたの期待値にあなたの実力が見合っていない場合があります。
働き始めても自分が即戦力になっていないと感じたり、プレッシャーになれば、さらにやる気も損なってします。

 

今もしあなたが、このような状況に置かれているなら一人で悩む必要はありません。
他にも同じ状況で悩んでいる方がたくさんいます。
もっと事前に確認できたことはないか等、過去を振り返ることも大事ですが、後戻りはできません。

あなた自身の適応力を養う意味でも視野を広く持つことを心掛けたり、あなたが会社に働きかける努力をしてみるのも一つの手段だと思います。

転職に後悔してしまった場合、すぐにまた転職…となると負の連鎖になってしまいます。
しかしそこで働き続けるのもストレスになったりワークライフバランスを崩しかねません。

転職で後悔しないために、大切なポイントを過去のコラムでも書いています。
ぜひ参考にしてみてください!

転職を成功させる秘訣教えます
今の仕事向いてる?向いてない?
魅力的な企業を見つける方法

全ての情報の閲覧には会員登録が必要です。

転職に関するお問い合わせ

法人様お問い合わせ